スポンサードリンク

サービス提供責任者とは

訪問介護事業所において、ヘルパーのまとめ役、中心的な存在の職業が、サービス提供責任者です。
訪問介護事業所には、サービス提供責任者という職種の人を必ず配置しなければなりません。
仕事内容は、ケアマネジャーと連携し介護計画書の作成をしたり、利用者からの申込などの管理業務を行ったり、 また、他のヘルパーの指導や相談と言ったことをしながら、ヘルパーが足りない時には自分が現場に行くこともあります。

サービス提供責任者は、誰でもなれるというわけではありません。 まず、以下のような条件が必要です。


サービス提供者になれる条件

  • ホームヘルパー2級を取得して3年以上経過している。
  • ホームヘルパー1級を取得している。
  • 介護基礎研修を終了している。
  • 介護福祉士を取得している。

以上の条件のうち、どれか一つはクリアしていなければ、サービス提供責任者にはなれません。
ただし、資格の条件をクリアしていても、全くの未経験で入社した場合、最初は大変かもしれません。
この仕事は、訪問介護員のリーダー的な存在になるわけですから、仕事の経験がすごく役に立つことは言うまでもありません。
この職種は、介護の現場がメインの仕事ではないのですが、中にはベテランのヘルパーさんだっているでしょう。 その人達へアドバイスをすることだってあるのです。
ですから、転職していきなり目指すのではなく、介護の仕事を経験し、その後のステップアップ先として目指した方が良いかもしれません。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク