スポンサードリンク

社会福祉士

社会福祉士という資格は、利用者の相談や指導などを行い、また介護士や医師、看護師といった職種との 連携をはかる職種です。
社会福祉士の資格があると、老人ホームや在宅介護支援センター、社会福祉協議会など、様々な場所で働くことができます。
社会福祉士というのは、資格の名前であって、職種ではありませんから、仕事内容は就職先によって多少異なりますが、 基本的には、利用者と家族の相談や指導、管理業務が中心となります。

社会福祉士は国家資格で、年1回の受験に合格すると取得することができます。
ただし、受験資格が儲けられており、誰でも受験できるわけではありません。
受験資格は、大きく分けると3つに分類することができます。
  • 大学や短大などで、指定科目を履修した方
  • 養生施設を卒業した方
  • 福祉事務所の査察指導員等の実務経験が5年以上ある方。
以上の3つですが、本当はもっと複雑であるため、興味を持ち、正確に知りたいと思った方は、社会福祉振興・試験センターから確認してください。
上の条件を見て気付かれたと思いますが、
介護の仕事の経験を積んだからと言って受験資格を得られるわけではない資格なのです。
ちょっと残念な話ですが、社会福祉士の資格は、本格的にその道を目指すつもりでないと取得できないと思った方が良いでしょう。

このサイトでは、他の仕事から介護の仕事に転職するような方を中心に説明していますから、この資格の説明は不要だったかもしれませんが、 参考までに載せておきました。
もし、介護、福祉に興味を持たれ、福祉のエキスパートを目指す方は、頭の片隅にでも入れおいて下さい。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク