スポンサードリンク

生活相談員とは

生活相談員とは、老人ホームなどで利用者やその家族などから相談にのり、最適な介護計画を 立てる仕事をする人のことを言います。
施設などによっては、ソーシャルワーカーや、ケースワーカーと呼ばれていることもあります。
具体的な仕事内容としては、利用者一人一人に生活について相談をしたり、計画を立てたりするほか、入居希望者に対して面談したり 手続きなどをしたりします。
また、職員との打ち合わせや、ボランティアや医療施設などの外部との連絡など、様々な仕事をします。

生活相談員は、様々な仕事をしなければならないため、現場での豊富な経験が必要です。
例えば、施設の職員との連携をするには、その職種に対しての知識が必要になるし、外部の機関との連絡をする際にも、知識や経験が必要になってきます。 ですから、生活相談員を目指す場合、ある程度介護職としての経験が必要になってくるでしょう。
また、社会福祉士や介護福祉士、ケアマネジャーといった資格を持っていると採用されやすくなるようです。

また、生活相談員という仕事は、介護職の人がステップアップする職種としても注目されています。
施設によっては、福祉系の大学卒や社会福祉主事と言った資格を持っていることが有利であったり採用条件になっている場合もありますが、 それよりも現場での経験を重視している施設もあります。
ですから、他の職種から介護の仕事へ転職した人にも、チャンスは十分にあると言えるでしょう。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク