スポンサードリンク

レクリエーションについて

老人ホームなどでは、様々なレクリエーションが行われています。

頻繁に行われているものとしては、

  • 習字
  • 編み物
  • お茶
  • 体操
  • 誕生日会
  • 音楽鑑賞
  • 映画鑑賞
などは、頻繁に行われており、施設によってはこれらのレクリエーションを毎日のように行っています。

また、大きなイベントなども定期的に行われています。

  • 外食、外泊などのお出かけ、
  • お誕生日会
  • お花見
  • 納涼祭
  • クリスマス会
など、様々なイベントも行われています。
レクリエーションの規模や回数は、施設によって異なりますが、楽しみの少ない利用者にとっては、 こういった行事などを楽しみにしている人が多いものです。

ですから、職員に求められるのは、こういった行事やレクリエーションを、いかに楽しんでもらうか ということは、非常に大事になってきます。
「老人ホームに入って、介護してもらってるんだから、楽しいことなんてない」ではなくて、 「老人ホームに入ってるからこそ、楽しい人生を送ってもらう」という気持ちで行動するべきでしょう。

利用者は、最後の人生を自分の家ではなく、全く知らない人達との共同生活を強いられているのです。
食事だって決められた時間に、決められたものしか出てきません。
入浴だって、通常は毎日入れないですし、服だって職員が勝手に選んだものを着ている利用者もいます。
こう言った衣食住の自由すら奪われた高齢者は、毎日ストレスの連続です。
少しでも快適な生活が出来るためには、レクリエーションも重要な一つと言えます。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク