スポンサードリンク

応募するときは・・

電話連絡だけで落とされないように注意!!
実際に、希望の施設などが見つかって働いてみたいと思ったら、電話連絡をして、履歴書を先に送るか、面接の日時を決めることになるわけですが、 この時点で落とされる人もいると思って良いでしょう。

介護の仕事というのは、ある意味サービス業です。電話でまともに話もできないような人は、利用者と接することもできない人と思われても仕方ありません。
本当は先に履歴書を送ってもらうようなことをしない職場だとしても、面接するまでもなく不採用にしたい場合、書類選考があると言って、面接すらさせてくれない可能性もあるのです。
電話の印象はかなり大切ですが、特別話が上手くなければならないといったことはありません。
大人として、普通の常識を持って連絡すれば大丈夫です。あとは、なるべく良い印象を与えるつもりで電話しましょう。

次に、履歴書もかなり重要になってきます。
といっても、介護の仕事に応募するにあたって、特別な書き方やポイントというのはあまりありませんから、正しい履歴書の書き方を勉強し、 他の仕事に応募するときと同じように、なるべく良い印象を与えられるような書き方をしましょう。
繰り返し言いますが、介護の仕事はサービス業です。変わった人とか、暗そうなイメージとかは、なるべく与えないことが必要です。

介護の仕事というのは、学歴や資格、経験といったことよりも、その人の人柄や印象などを重視する仕事だと思ったほうが良いでしょう。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク