スポンサードリンク

男の介護職について

介護という仕事は、女性が多い職場で、特に訪問介護の場合、仕事内容に家事の援助が多いため、さらに女性が多い職場です。男性の介護職は需要が少ないのでしょうか? 
いいえ、そんなことはありません。施設には男性を必要としている所もたくさんあります。
また、最近は不況の影響により、介護の仕事が注目され、男性からの応募もずいぶん増えましたが、 それでも頼りになる男性職員が不足している施設も存在します。

男性が必要な理由は色々とありますが、まず一つは、同性介護が望ましいこと。
利用者が、いくら男性で高齢であるとはいえ、羞恥心や様々な問題がありますから、同性による介護が望ましいのです。
もう一つは、老人ホームでは力仕事的なことが結構たくさんあるからです。
体が大きくて体重の重い利用者の介助は、女性では大変な場合もありますし、施設の設備とか何か重い物を 移動したいなんて時には、女性では大変かもしれません。

それと、個人的に働いてて感じるのは、女性の場合、細かい所にも目が行き、利用者のちょっとした変化にも気づきやすかったりするのですが、 男性は大雑把なのか、細かい所はあまり気づきません。
その代わり、男性職員のほうが、冷静に全体を見渡して行動できるような気がします。

ですから、介護現場において、男性ならではのメリットはたくさんあり、必要不可欠な存在です。

そして、働きはじめたら、女性職員なるべくに良い印象を与え、嫌われないように気をつけましょう。
良い印象とは、仕事面だけでなく、外見や性格なんかも良いイメージをもたれるよう、努力してくださいね。
女性職員に好かれたら、仕事が楽しくてスムーズに行くと思いますよ。
逆に、嫌われると大変なことになるかも・・・。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク