スポンサードリンク

介護の仕事内容

介護の仕事には、様々な職種がありますが、一般的には、実際に高齢者などの利用者に、直接介助をする仕事のことを指すことが多いようです。

当サイトでも、実際に介助する仕事のことを中心に説明しますが、事務的なことなどが中心の職種なども、他のページで説明したいと思います。
そして、実際に利用者に対して介助する仕事の人を、「ホームヘルパー」、「ヘルパー」、「介護職員」、「ケアワーカー」などと言います。

通常、各家庭を訪問して介護を行う人を訪問介護員(ホームヘルパー)、ヘルパーなどと言い、老人ホームなどで働く介護職の人を、介護職員とかケアワーカーと言ったりすることが多いのですが、はっきりとした決まりはあまりありません。
そして、この介護という仕事は、その分野のエキスパートですから、誇りを持って仕事をするべきでしょう。 なぜなら、介護という分野だけに絞って言えば、医者や看護師よりも、ずっと深い知識が必要になるし、また現場で働いている人はそいうった向上心も必要になってきます。

では実際、仕事の内容はどいうったことをするのでしょうか?

働く職場にもよりますが、掃除や洗濯、料理、お話し相手、レクレーションの企画や進行、買い物の代行、外出の援助、歩行介助、食事介助、入浴介助、排泄介助、着替えや歯磨きの援助など、本当に様々なことを行います。

介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク