スポンサードリンク

福祉住環境コーディネーター

高齢者や障害者が、住み慣れた自宅などの環境で、快適で幸せな生活を送ることを実現するのが、福祉住環境コーディネーターです。
この資格は、専門職があるわけではなく、、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を持ち、必要に応じて取得し、仕事の幅を広げて行くのが良いと思われます。
また、福祉住環境コーディネーターは、3級から1級まであり、1級は、2級取得者が受験できます。

受験資格
どなたでも受験できます。
1級のみ、2級を取得していることが条件です。2級と3級を同時に受験することも可能です。

受験料
3級  4,200円
2級  6,300円
1級 10,500円

受験日、合格発表
毎年2回。7月上旬と、11月下旬。
合格発表は、一ヶ月半後に、発送されます。

合格率
2010年度のデータをみると、3級、2級は50%以上あるが、1級は約5%です。
1級合格者が非常に少ないですから、この資格に必要性を感じる方は、1級目指すと良いでしょう。
なお、受験者には福祉関係の人だけではなく、建設業の人も多いのが特徴です。

この資格は、専門の仕事があるわけではないですから、絶対に取っておいた方が良い資格というわけではありません。 しかし、この資格を取得することによって、仕事の幅を広げることに役立つ人もいるでしょう。
特に、在宅介護の仕事に携わっている人などは、利用者や家族に、住居の改修などの際、適切なアドバイスが出来たりと、 自分のスキルが上げることもできます。

福祉住環境コーディネーターの資格は、実務経験や学歴などは関係なく受験できますから、2級以上であれば、取っておいても 良いと思います。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク