スポンサードリンク

排泄介助について

排泄介助といっても一つではありません。 大きくわけると2種類あります。

オムツ交換
オムツにも2種類あり、テープで止める、普通のオムツと、履くタイプでパンツ型のオムツがあります。 トイレでの排泄が出来るが、失禁してしまう時があるような方の場合、パンツ式のオムツになり、寝たきりでトイレで排泄できないような 方の場合、テープ式になることが多い傾向にあります。
更に、オムツの中に尿とりパッドをあてて、排泄があった場合、それだけを交換することも多い方法です。この方法だと、コストも節約できる上、 介助者も負担が楽になるため、施設などでは、よく行われています。

トイレ介助
トイレでの排泄は行えるが、自分一人ではできない場合に行います。
トイレの便座に移るお手伝いをするわけですが、支える程度で大丈夫な方もいれば、ズボンをおろしたり、拭いてあげたりする場合もあります。
自分でできることは自分でするのが介護の基本なので、トイレ介助といっても、内容は利用者によって様々です。

介護の仕事をすると、排泄介助をすることになるのですが、「自分には絶対にできない」と思っている方もいるのではないでしょうか。
実は管理人も、福祉の仕事自体は昔からすごく興味があったのに、排泄介助だけは絶対にできないと決めつけていて、介護の仕事をためらっておりました。
しかし、いざ実際にやってみると、これが意外となんとかなるものです。もちろん、楽しいと思えるよう介護ではありませんが、慣れてしまえば、どおってことありません。
今では、仕事だと割り切ってしまえば、普通に行えるようになりました。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク