スポンサードリンク

虐待は絶対にダメ!

介護施設で問題になっていることの一つとして、利用者への虐待です。家族が在宅介護する場合でも虐待が問題になってますが、介護施設なども一緒です。

介護職員というのは、お金をもらって働いているわけですから、業務はきちんとこなさなけれなりません。
しかし、認知症や何らかの理由により、利用者によっては職員の思う通りに動いてくれないこともあります。
こうしたとき、職員はすぐに諦めるでしょうか? それで何も問題なければ諦めるでしょうが、何が何でも言うことを聞いてもらわなければならないことだってあるのです。
例えば、排泄介助などの時に強い拒否があったとしても、まさか一日中放っておくわけにはいきません。
言う事を聞いてくれない利用者に対してイライラしてしまい、虐待が起こるケースも高くなるでしょう。
また、利用者が食事や排泄を上手くできなかっただけで暴言を吐くようなケースなどもあります。

最近の老人ホームは、ユニットケアと言い、利用者の部屋は個室になってきています。これは利用者のプライバシーに配慮したためですが、逆に他人には見えないという欠点もあり、 少しくらい暴言を吐いた位では誰も気が付きませんから、それが虐待に繋がるケースもあるようです。

職員は、介護のプロです。色々な利用者がいるのは当たり前であり、そういったことを想定して働き、どんなときでも冷静さを忘れてはいけません。
しかし、逆に職員だって人間です。利用者に対してのストレスだってあるのは、当然のことなのです。
職員のすべてが、広い心を持った完璧な人間だけしかいない施設なんて、有り得ないでしょう。

では、どうしたら虐待は無くなるのでしょうか。
難しい問題だとは思いますが、常日頃から、職員への教育も大切なうちの一つであると言えるでしょう。
施設側が、職員への指導はもちろん、心のケアなど、様々な対策をすることによって、虐待はある程度防げると思います。
ですから、今後、介護職員などへの教育体制がさらに強化されていくべきであると言えるでしょう。
介護の仕事をしようTOPページへ