スポンサードリンク

どんな職場が良いか?

実際、どんな職場で働けば良いのでしょうか? 人によって違うかもしれませんが、
一番大切なのは、職員同士の人間関係ではないでしょうか。
介護職に限ったことではないと思いますが、職場において、人間関係は非常に重要になってきます。どんなに仕事が楽であったり、給料が良かったとしても、 ひどい人間関係では、続けることは難しいですよね。 逆に、ちょっと仕事が大変であっても、人間関係が上手くいっている職場というのは、離職率も非常に少ないように思います。

介護職の場合、人間関係はとても重要です。介護職という業界は、同じ職場で派閥があったり、厳しい先輩がが多いとう声も結構聞きます。
こうした状況でも世渡り上手で、人間関係も上手くできる人なら良いのですが、そうでない人にとっては、深刻な問題だと思います。
そういったことを乗り越えるためには、強い精神力を養うなど、内的要因を変える努力も必要かもしれませんが、外的要因を選ぶ方法が一つあります。

それは、オープニングスタッフになることです。
新規開設の施設に最初から就職すれば、嫌な先輩という存在はゼロになり、一緒に働いている人はすべて同期です。当然、仲間意識も強くなるでしょう。
実は、管理人も有料老人ホームのオープニングメンバーとして働いているのですが、職場の人間関係は比較的良好だと思います。
あと何年か経って、オープニングスタッフが辞めていったりすれば、また状況は変わるかもしれませんが、しばらくは今の雰囲気のままだと思います。

人間関係が良い職場かどうかと言うのは、働いてみるまで分らないものですが、この業界では非常に大切なことであるということだけは理解しておいてください。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク