スポンサードリンク

デイサービスで働く

デイサービスとは、その名の通り、利用者が日帰りでサービスを受けることを指します。
利用者は、食事や入浴、レクリエーションなどの介護を受けることでき、送迎もしてもらえます。

一般的なデイサービスの一日をざっとみてみましょう。

午前9時〜10時 送迎
  自宅まで利用者を迎えに行きます。

10時〜10時30分 お茶、健康チェック
お茶を飲んでリラックスし、血圧や体温を測り、体調をチェックします。
体調によっては、入浴を控えたりします。

10時30分〜 入浴
交代で入浴の時間となります。

12時〜13時 昼食
利用者が食事を上手くできるよう、口の体操などをしたりします。

13時〜15時 レクリエーション
様々な活動があります。

16時〜 送迎
  職員が、利用者の自宅まで送ります。

以上が、デイサービスの一般的な一日の流れですが、施設により異なったりしますので、参考程度に留めておいて下さい。

ここで働く人は、送迎の仕事があるため、自動車の免許を持っていると採用されやすいでしょう。
また、レクリエーションなどで利用者に楽しんでいただくことも必要になってきますので、明るく元気な方も、採用されやすいでしょう。
日勤帯のみの勤務のため、事情などにより夜勤などが出来ない人にとっても働きやすい職場であります。

ただし、介護職の中でも収入が低い部類に入るため、お金よりも、やりがいや楽しさを求めている人向けの職場と言えるかもしれません。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク