スポンサードリンク

介護の仕事は誰にでもできるの?

介護という仕事は、誰にでもすぐに始めることができるのでしょうか。最初は、自分にもできるのかどうか、とても気になるのではないでしょうか。

学歴
ほとんど全くと言っていいほど関係ないでしょう。求人先にもよりますが、ほとんどの所は不問ですし、せいぜい高卒以上といった所がほとんどです。

年齢や性別
これもほとんど関係ありません。もちろん、求人先によって欲しい人材が違いますから、男性が欲しいとか、若い人のパワーが欲しいとか様々ですが、働いている人には10代の若い人から、もうちょっとで自分が介護してもらうような60代の人もいます。
ですから、普通に働ける年齢であれば、あまり気にする必要はありません。ちなみに男女比は、女性が圧倒的に多いですが、男性も結構います。
特に、老人ホームで働いている職員には、男性も結構います。

経験
あれば採用率はぐーんと上がりますが、募集先によっては、むしろ未経験を積極的に採用している所もあります。
これは他の職業でもあることだと思いますが、未経験者の方が、真面目だし仕事を素直に吸収してくれて、その会社独自の理念なども理解してくれたりと、プラスの部分も多いものです。
「経験者は言う事聞かないし、生意気で嫌だ。」なんて所も結構多いと思います。
実は、管理人が働いている施設でも、未経験者の方が多いし、採用する際にも、有利になっているようです。

資格
介護の仕事をする場合、最低限必要になってっくるのが、ホームヘルパー2級という資格です。
この資格がないと、「訪問介護」といって、個人宅に伺って介護をする仕事の場合、採用してもらえません。
また、施設などで働く場合は、この資格が無くても働くことは可能ですが、採用条件として、ホームヘルパー2級を持っていることが必須条件のところがほとんどです。 ですから、仕事をするにあたり、学歴、年齢、経験などはあまり気にする必要はないのですが、ホームヘルパー2級は取っておくべきでしょう。

求人の量は、無限にあるわけではありません。不景気の波が来てから、求人する側も選ぶような時代になってきましたから、誰でも簡単に雇ってもらえる時代は終わったとと思ったほうが 良いかもしれません。
介護の仕事をしたいと思っている方は、まずはホームヘルパー2級を取得し、真面目で元気良くできるという姿勢を企業にアピールして行きましょう。
そうすれば、経験など無くても、必ず見つかると思います。
介護の仕事をしようTOPページへ

スポンサードリンク